FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大学選手権1回戦】早稲田vs立命館

DSC03100.jpg

今日は、大学選手権の1回戦、名古屋瑞穂競技場で早稲田対立命館の試合があった。思ったような試合運びができなかったようだが、38対0で勝利。

他の試合は、、、

秩父宮では、帝京対関東の注目の一戦は、接線の末、ロスタイムで帝京がトライを奪い17対17に追いつき、トライ数差で2回戦へ。これで、2回戦は早稲田はこの帝京と対戦することとなる。

秩父宮2戦目は、リーグ戦優勝の東海対筑波。東海の楽勝と思われたが、これまた、ロスタイムまでもつれ込み東海が29対22とつくばを下した。東海は2回戦は摂南を下した天理と対戦。

関西学院は同志社を破り、2回戦は明治と戦うことになる。打倒関東勢をまずは目標にしているようだ。ぜひ明治を破って準決勝に進んで欲しい。主将の小原正さんは東筑高校出身だ。頑張れ!

あと、慶應は福大を破り次は法政との対戦だ。

写真は、いつものように松尾さんに送っていただいた。以下、松尾さんのメールから。


前日から名古屋へ。降り立ったホームを吹き抜ける風が頬を刺す。遠くに見える鈴鹿の山並みは雪化粧。なるほど冷たい訳だ。

名鉄グランドホテルにチェックイン後、街を散策しようと外に出たが湿った冷たい空気が足を阻み、結局、地下の食品売り場で「味噌串カツ」と「神戸牛カツ」を買い込んで部屋にて「豪華」な食事。満腹、眠い、「明日に備えて早く寝る事にしようっと」という事で、なんと6時に就寝、何度か目が覚めたが今朝は6時に起床。

地下鉄桜通り線で瑞穂ラグビー場へ向かう。車内にはラグビー観戦の人が多々。第一試合、法政vs流通経済の試合から観戦。法政の一方的なペースと思ったら後半は流通経済が猛反撃。流石に「選手権」の試合、流経のすばらしい闘志に感服。

さあ、第二試合、早稲田と立命館の試合。開始から数分も経過しないうちにタッキーが怒濤の進撃でトライ!故郷のファンも大喜び。そして、山中が、山下が続く。前半、4トライ、24対0でリード(T4、G2)。

後半にはエンジン全開で大差で勝つだろうと誰もが思っていた事だろう。しかし、後半は反則の繰り返しで下村主審の笛が数分おきに鳴る。リズムに乗れない。そんな事を繰り返しながら、とうとう後半の残りも僅かになった。あ~なんちゅう試合展開や~と思っていたら、ようやくトライが決まる。そして「ロスタイム1分」という放送。そのロスタイム、最後に早田がトライを決めてくれた。

結局、後半14対0(T2、G2)、total38対0で終了。

後半の苦戦、もしかしたら風の影響か。瑞穂ラグビー場は東西に長い形、ゴールポストが東西にある。周囲に高い建物は殆ど無く、スタンドも低い構造で北西風が吹き抜けやすい。関ヶ原を吹き抜けて来た、冷たい伊吹おろしが選手のリズムを狂わせていたのかも知れない。今年のチーム、とても粘り強く、ディフェンスは良い。しかし、ブレイクダウンではボールを奪われる事も多々あり、上半身の力が弱いのかも知れない。

2回戦、帝京戦は厳しい戦いになるのは必至。しかし、今年の中竹早稲田はしぶとい。負けそうで負けない「したたかさ」に期待。

DSC03101.jpg

ラグビーを見るときは、概ねゴールポスト裏の事が多い。そのゴールポスト裏で見ていると小さい子供達が寄ってくる。どこのラグビー場でも子供達が寄って来る。幼児、小学校低学年の子供達。他に空いている所がたくさんあるのに、わざわざ私の周りに寄って来る。車のおもちゃを持ってきて「ブーブー」とか言って私の気を引こうとしたりする。

今日も写真を撮っていたら左側に「生暖か~い」感触が。見ると3歳くらいの子がぴったり寄り添っている。数メートル後ろを見ると親が居て会釈をしている。小さな子供達にとって、「じ~じ」に見えるのかな。

写真を撮ってあげればよかったかな。

DSC03104.jpg

DSC03105.jpg

DSC03109.jpg

DSC03125.jpg

DSC03127.jpg

DSC03133.jpg

DSC03135.jpg

山下昴大の判断力、すばらしい!

DSC03136.jpg

DSC03137.jpg

DSC03146.jpg

DSC03151.jpg

DSC03152.jpg

DSC03154.jpg

DSC03156.jpg

DSC03161.jpg

DSC03162.jpg

DSC03166.jpg

DSC03169.jpg

DSC03094.jpg

コメント

No title

逆境を「楽しむ」逞しさ。
逆境に「あわてない」したたかさ。
はみ出す個性の一見まとまりのない集団。
しかし、誰かがダメな時は誰かがカバーする。
負けそうで負けない「しぶとさ」は本物になった。
土俵際でトライを許さない冷静なディフェンス。
対戦相手はトライが取れそうで取れない状況に
焦りだす。
攻めても攻めても崩落しない砦の前で相手の
絶望感はピークに達し疲労困憊。
相手の心理までも操るアカクロ戦士達。
強い集団に成長した気がする。
がんばれ個性派集団! がんばれ早稲田!

No title

そうですね。相手の心理を考えているところはさすがですね。帝京、関学、明治、東海、慶應。強敵ばかりですが、頑張ってほしい。

天の時、地の利、人の和で勝っても、最後は、運で勝負が決まる世界。

荒ぶるまで3。

非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。