FC2ブログ

【歴史は繰り返す?】目指すべきクラウド

今日、「坂の上の雲」第4話で日清海戦だそうだ。「坂の上にたなびく一筋の雲」を目指して国づくりを行った時代。坂を登れば、一筋の雲をつかむことができると。(欧米の先進国に追いつけ追い越せ)

最近見つけたのだが、北九州市のホームページで紹介されている「雲の上」、日本の工業化を支えた北九州市。嵐が過ぎ去り、斜陽化したが、その経験を生かし、今、環境対策経験で、「雲の上の雲」をつかもうと、いうことのようだ。

一方、クラウド関係では、海外の黒船や紅船に攻め込まれているニッポン。

民間ベース(笹舟と竹槍)で一生懸命登っても、その坂の上に掴める雲はあるのか? その時は、すでに遥か成層圏レベルまでに昇華しているのかもしれない。

「坂の上の雲」ドラマの最終回は2011年。あと2年。

今の民放政権(視聴率獲得が目的=選挙で勝つことが目的の政党政権のこと。)下で、我が国は21世紀の坂の上の雲を少しでも触ることはできるのだろうか?100年前と異なり、国をあてにせずそれぞれで頑張るしか無い。

雲をつかむための武器はやはり雲だろう。

頑張ろう。

コメント


非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り