FC2ブログ

【民主政権 改革の第四波】政策実行の人材獲得

今日も、朝からテレビ三昧のどら。鳩山総理は渡米らしい。

うつらうつらでテレビを見ていたが、留守を預かる国家政策室の官直人副総理の重大発言で飛び起きた。

いろんな討論会でも、143名もの新人議員を抱えて、官僚とやっていけるか? 民主党から100名規模の政務官を官に送り出し、政策立案と実施をするというが、官より優秀な人間がいるのか?などと揶揄されているのは周知のことと思う。

で、やっぱり、民主党は人材不足だったのだ。

それに対して、民主党が行っているのが、作戦関ヶ原というものだそうだ。

ポイントは、どちらが正義かではなく、正義を目指すもので戦わせることで、負けたほうが逆賊とさせ、寝返りを誘うものだそうだ。

なるほど!

優秀な官僚を、政に寝返らせ、政として政策を実施していく。

つまり、ヘッドハンティングか!

こうなると国家公務員のキャリアというのは大半が、政務官となり、政権与党が担当し、国家公務員自体は政策実施のプロとして淘汰。あと、地方自治の強化に伴い、分散していくという事か。

恐るべし、、官直人。すでに、100人規模のスカウトに成功していると聞く。

830の選挙と同様、こちらも地すべり的に鳩王国誕生かと思ったら、さすが、、、官僚。

実際に退官になるとまずいので、自分の表意とその人事で、政策立案部署と実施部署と監査部署を分離して、政策立案と監査部署は、表意を表している官僚で構成されるということで、調整がつきそうだとか。なるほど、エリートと地獄がはっきりしているが、官僚主導体制には影響を出さないということか。

おいおい官直人よ!こんな軟弱調整で、政治主導でやって行けるのか?

そうか!

官直人だから、官僚に真っすぐな人ということか。

# お後が宜しいようで。

※ 上記は全てフィクションであり、登場する団体・人物・地名・物語などすべて架空であり根拠のないものです。また、作者の思想や意見でもありません。

コメント


非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り