FC2ブログ

破砕帯はぶち抜けるのか?

昨日・今日とフジテレビのドラマ「黒部の太陽」を見た。大昔、石原裕次郎主演でやった映画のカバーだ。

でも、映画「黒部の太陽」にはいろいろあるようだ。でも、DVDなどで見られないのは残念だ。それほど裕次郎さんも思い入れがあったということなんだろう。


それにしても、良かった。 241

我々が、今、忘れているものがそこにある。

仕事は、仕様どおりじゃない。要件定義なんかできるわけない。ましてや入札で一番安いところなんぞの世界じゃない。やり抜くと言う、意思だと思う。RFPを適当に解釈してごまかすなんぞ言語道断。必要な技術要件をかけない発注者も言語道断。

 

使用する材料も施工方法も規格で決まっている仕事なんぞ、あるわけが無い。どんな仕事にしろ、その中で、創意工夫があり、発注者と受注者並びにその関係者の信頼の上に成り立つものだ。金だけ払えばよい。契約書に則れば良いなんぞありえない。

 

100年の一度の大不況。我々は、この破砕帯を突破できるのだろうか?

 

出来ると思う。それをやるのがおやじの責任だ。

今年の夏は、大町トンネル抜けて黒部ダムを見に行くぞ!おー!

コメント


非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り