スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人生メモ】年末年始に東北に行ってきた

2014年を迎えるにあたり、以前から行きたいと思っていた青森の友人を訪ねての気まぐれ旅行。

_DSC7174.jpg
↑ アルバムはこの写真をクリック。

【30日】
午後15時ごろ、友人の車にて出発、磐城で降りてまずは温泉「極楽湯」。その後、塩屋崎灯台の駐車場で車中泊。持参したつまみで一杯。駐車場からは満天の星!

【31日】
早朝から海岸に行き日の出を撮影。その後、津波で流された集落後ろの山の上の神社にお参り。それから、三春の滝桜、丸信ラーメンへ。そこで近所の実家に里帰りしていた同僚が我々のFB投稿に反応し、挨拶へ行くことに。途中、最中とどら焼きを土産に購入。同僚は夫婦で帰省中。同僚とそっくりのお兄さん、ご両親にもご挨拶。お土産に、お餅を頂いた。

さて、同僚宅を12時くらいに出て中尊寺を目指す。

金色堂に着いたのが15時少し過ぎで入れず。(残念)他のお堂を見学したのちに出発。三嶋温泉(健康センターわくわくランド)で浸かったのちに、陸前高田市の奇跡の一本松へ。ここも津波の爪痕凄まじく早々に後にすることに。水沢経由で一気に高速岩手山SAまで。ここで車中泊。SAの屋根付きテーブルで持参の残りと丸信ラーメンで買っておいたチャーシューをコンビニで買ったおでんに入れて食す。美味かった。

【1日】
早朝から移動を開始、十和田湖周辺の銚子の滝へ。ラッセルしながら約500m。その後、十和田湖神社へ。初詣。午の土鈴。また、そばの高村光太郎の乙女の像をみる。寒そう。見ていると冷えてくる。駐車場に戻る途中、売っていた150円のこんにゃく煮がデカくて美味しかった。また、青い地ビールをお土産用に購入。

それから八甲田山周辺を通りながら雲谷温泉に浸かった後、青森へ。ところで八甲田周辺。今年は雪は少ないらしいが、地吹雪が凄く視界が効かない。特に田代平。雪が渦を巻いてる。ロープウェイも強風の為運休。恐るべし八甲田。

青森駅横の八甲田丸を見学し、近くのA-Factoryで青森ルージュというワインを2本土産用に購入。一本1500円くらい。その後、繁華街横の駐車場に車を入れ、今回初、店舗での晩飯。とど刺しも良かったが観光客向けの店で高かった。地元に貢献。良いかな。駐車場での車中泊。一晩で600円。安い。

【2日】
9時に今回のぶらり旅行の目的でもある青森の友人とカッパの湯で待ち合わせ。久しぶりの再会で嬉しかったが。靴下がユニクロの同じ柄でお揃い仕様。笑った。11時に前日に調整が出来たケータイキングとも言われる先生宅を訪問。奥様が用意いただいた生どらと一語でお茶を頂戴する。30分ほどの予定だったが、ケータイ含めたガジェット談議が尽きず1時間半ほどお邪魔することに。

その後、友人と別れ龍飛崎を目指す。雪はほとんどないがどんどん寒くまた風も強くなってくる。海岸べりには木造の小屋が続く。厳しい自然の中で生きるのも大変だと思いながら車は走り、龍飛崎に到着。灯台近くに車を停める。

凄い風。歩けない。息が出来ない。海を見ると、遥か彼方に北海道、下北半島などが薄く見える。その手前には、波頭が白く輝く黒い海が広がっている。その黒い海を局所的な嵐のような大きな雪柱がいくつか通り過ぎていく。逆の方向に目をやると日本海側、雲の隙間から海上に光線が降り注いでいる。何とも凄まじい。

停めた駐車場横には店が何件かあったが一軒だけ営業している。入るとあったかい。鼻水を拭きながら「寒いですね」と話しかけると、おやじは「そうでもね」、にべもない。こういう反応、悪くない。この店で「龍飛崎饅頭」のような典型的な会社用のお土産を購入。

さて、龍飛崎からひとまず青森まで戻る。途中、義経寺とあったので見学後、青森に到着。相談の結果、そのまま八戸を目指すことに。ところで、前日朝のうちは多くのところで雨だった。暖ったたかったんだね。それが午後から温度が下がりかちんかちんに。その為、八戸に向かう道も非常に危険な状態。何件か事故を目撃。

そういう中走行していると左側の路側帯にパトカーの赤いランプが点滅している。何をしているのだろうかと近づいた。なんと、このパトカー反対車線から左側の路肩の雪に突っ込み動けないようだ。横で止まり声をかけた。後部座席までお巡りさんが乗っている。なんとなく情けない。

どら「大丈夫ですか?何かお手伝いしましょうか?」
後部座席のお巡りさん「救援を呼びました。大丈夫です。それより、滑りやすいので運転には注意してください。」

だって!

その後、順調に八戸の「温泉みちのく」へ到着。420円。悪くない。それから、八戸の繁華街八日町あたりの屋根付き駐車場に車を入れ、一杯やりに。店を探してぐるぐる。雰囲気良い路地も多い。前日のような観光客向けの店じゃないのが良い。それにしても若者が多い。そうか今日は2日だ!私の実家北九州黒崎などでもそうだが2日は必ず同窓会をやることに決まってる。ここも多分そうなんだ等と思いながら、「あきちゃん」という店に決定。

大正解!とってもおいしかった。それから、屋根付き駐車場での車中泊。700円。これまた安い。

【3日】
朝起きたら連れが車を海岸へ移動させていた。日の出を撮るようだ。種差海岸のキャンプ場。水平線から上部少し雲がかかっている。雲の中からこぼれるお日様を撮影して、移動来る途中に見つけておいたらしい「しろがね温泉」で浸かる。ここも420円。良い銭湯だ。出ると大体9時ごろだったかな、南下を開始!

一気に、年末に行った福島三春の滝桜まで。その後、同じく丸信ラーメンへ。美味かったね。それからさらに一路東京へ。しかし常磐自動車道「加平から40キロ渋滞で2時間」とある。今日の帰宅はさっさと諦め。千葉に住んでいる連れの友人宅に泊まることにした。そういう事をFBメッセージで通称師匠と呼ばれる同僚とやり取りしていたら、彼も千葉まで来ることに。三人で飲んだ。まずは持って行ってたビックカメラで昨年の解禁当日に買っておいたボジョレーに土産に買った青森ルージュ二本。刺身に鍋に久々のベッドでの爆睡。

【4日】
昨日合流した師匠に送ってもらう。芝浦に到着後、帰宅前にレインボーブリッジ橋脚あたりをうろうろ。師匠は密かに来そうな雰囲気だ。その後、無事に帰宅。来ていた年賀状を見てにこにこ。出し忘れていた3名分を刷って投函。洗濯も一気に。ベランダの水やり。夜は勢いで飲むことに。宿題が二つほどあるのだが、良いじゃないか。

ほとんどが車中泊で寒かったけど、こういうのっていうのも悪くない。と、言いながら本日まだ宿題には手を付けずこんなもの書いている。いかんいかん。

コメント

No title

写真をめくっていくだけでストーリーが伝わってくる、流石です。
行き交った人々の人生を見つめてきた折尾駅の一つ一つの煉瓦の表情。
懐かしく、愛おしくいろんな事を思い出しました。

年末は、青森の前に台湾に行ったんやな。
九イ分の写真、雨やなかったんやね。
私も27日~30日の間、台南に行ってました。
烏山頭ダム&飛虎将軍廟訪問。
ヤスコヴィッチのぶろぐに掲載してもらったので見た?んやないかと。
ぶろぐのページの左側メニューにある「信之介&やすぼん通信」をクリック。
しかし、わが母校のOBは感性豊かな「ゲージツ家」が多いね。
皆、超涙もろいし(笑)。

No title

久々のブログ更新ですね。年末年始を車中とは驚きです。しかも青森で。酔狂と言いましょうか。事故なく戻ってこられてよかったですね。写真も多く拝見できて、面白かったです。3月に青森方面の旅行を計画してますが、キャンセル待ち状態。車中泊は無理は年代です。

No title

>>松尾さん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。年末に人生初の台湾に行ってきました。台北のお仕事でしたが半日観光することが出来ました。その数日前は沖縄にいたので、そっちからの方が近かったとも思いましたが、沖縄に比べ大変寒くてびっくりしました。半袖で良いんじゃないかくらいに甘く考えてました。(笑)

>>通りすがりさん
コメントありがとうございます。友人と二人で半ば厳冬キャンプの状態でした。雪の中での食事など、日常だと中々味わえない体験をしました。たまには悪くないなぁと思った次第です。

非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。