FC2ブログ

施工技術総合研究所





























施工技術総合研究所というところに先日行って来た。晴れているとこんな具合にど~んと富士山が見えるらしいのですが、この日は生憎恥ずかしがって出てきてくれませんでした。

ここでは、様々な施工技術の研究を行っています。
# 知らなかった、、
下のようなテストコースがあります。






























また、この山は35度(右から)と45度(手前から)の角度があり、ブルドーザなどの重機が登坂出来るか試験します。

戦後間もない頃は日本の重機は(有名なコ〇ツを含め)軒並み35度の坂は登れなかったそうです。

それが、今では世界を席巻するメーカがいくつも出たのはこういう支援のおかげかも知れません。

また、重機がこけても安全かどうか確認するため実際に転がす試験もやるそうです。





























このシートの下には軽自動車が2台埋まっているそうで、土砂崩れなどにより埋まった自動車を探せるかどうかの試験をやったそうです。

その後、1年ほどして恐らく車のガラスが割れて、土砂が陥没したので埋めなおしてシートをかけたそうです。

2mも埋まっていれば、恐らくものすごい重圧と、息も出来ないと思います。






























最近、水素自動車が注目されていて、エコの面ばかりに目が囚われがちですが、基本的にトンネルなどの全ての施工物はガソリンなどを積んだ車が走行することを想定しており、水素ボンベを積んだ車が事故を起こして炎上するケースは想定して設計・施工されていないそうです。

そこで、実際にトンネルを作り、水素ボンベを積んだ自動車を炎上させた実験を行ったそうです。

結果は、、、、ボンベが良く出来ており、大爆破・異常な高温でトンネル破壊とはならなかったそうで、メデタシメデタシ。





























帰りの新富士駅で、駅弁を買って食べていたら、、新幹線の通過にびっくり!




これを撮っていたら、先ほどの駅弁おばちゃん(失礼!)が作業用車(イエロー?)の写真をくれました。

日中にいることは極めて珍しいそうです。






























コメント


非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り