FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【とあるフィクション】

ある有名な車に欠陥が発見された。最近大人気の車だ。ところが、マニアの間では、その欠陥は馬力を増大したり、自由に改造できる秘密の呪文であると、昔から知られていた。そういう欠陥があるのも隠れた人気の一つでもあったようだ。

ところが、メーカは呪文を使っての改造は一切認めず、改造車は一切補償の対象外としてきた。しかし、冷静に考えると、その呪文は、誰でも自由に人の車を運転できてしまうという単なる欠陥だったことに皆が気がついたのだ。つまり、だれでも呪文を唱えることで、持ち主の意思とは関係なく、勝手に改造され運転されてしまうことが分かったのだ。

# ちなみに、他のメーカでも同様の事象は発生してきたが、そこでは呪文などと言われることはなく、単なる欠陥として扱われてきた。

それに対してメーカは呪文を封じる魔除けシールを開発したので、問題は解決したと宣言した。でも、解決するには、利用者が自分の整備ガレージに持ち込みメーカから配布される魔除けシールを張らなければならない。しかも、シールを手に入れ、張るにも時間がかかりコツもいるので何回もやり直している人もいる。また、これまで、一回もシールを貼ったことのない人も多い。

一方、勝手に改造させられ運転された人が出た場合、これまで通り補償外とされるのかどうかも分からないままだ。困ったことに、初期のモデルは魔除けシールを張るとスピードもハンドルも愚鈍になるので、シールを張っていいのか戸惑っている人も大勢いる。

頑固なメーカなので、多くの利用者は機嫌を損ねないように、最新モデルに買い替えようか考えている人も多いと聞く。どうでも良いことだけど、改造できなくなるということで、はりたがらないマニアもいる一方で、次の呪文はまた見つかると達観し、躊躇なく張っている人も多いらしい。

「好きな車で好きで買ったのでしょう!」と言われればそれまでのことだが、今のところ、呪文をつぶやきながら夜な夜な徘徊したりする輩は見つかっていないらしいが、ラピュタの「滅びの呪文」並みにそれは簡単らしく、関係者の心配な日々はしばらく続きそうだ。

※ この物語は、完全なフィクションです。

コメント


非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。