FC2ブログ

【口蹄疫渦中】宮崎へ

IMAG0145.jpg

23日、24日で宮崎へ。ほぼ終息してきたと見られる口蹄疫。大変なもんだ。

徐々に明らかになりつつあるが、地元の報道と中央への伝わり方に大きなギャップを感じる。それは、さておき風化させてはならないので気付いた点を、何点か取り急ぎ。

1.一般に明らかになったのは4月20日。そこから順次感染エリアが拡大していった。

2.しかし、実際には3月中旬には発症があり、その確認遅れ(危機感のなさ)が致命傷。しかもその間に豚への感染も発生している。

3.それを知りつつ大騒動になる前に出荷したのではないかといううわさも。

4.牛は口蹄疫が発症しても死ぬことは稀。

5.豚は特に子ブタは発症するとコロコロ死ぬ。

6.牛は毒殺できるが、豚は脂肪が厚くうまくいかないことも多いようだ。電気ショックなどを使用したが、一部死ねずにそのまま生き埋めに。

7.野生の猪や鹿にも感染が広がっているのではないかと推測されるが、確認できない。(たぶん、大変なことになるのでやらない。)

8.概ね29万頭の牛や豚を殺処分。宮崎県全体での家畜総数は分からないが、相当な割合ではないのか?

9.ある人は、この被害で良く収まったと言っていた。確かに、感染が拡大しての本格対応。額に汗して拡大防止に努めた人はそういうだろう。

10.初動対応がまずかったことは否めない。緊急時の初動対応の鉄則は、「隠さず疑いを報告すること」だが、様々な理由から、隠蔽したり知らないふりをすることが「想定されるのは常識」。それを踏まえた届け出制などへの考慮が必要。

11.まず、3月中旬で出来たことは何だろう?3月末くらいまでに出来たことは?4月20日までは?その後に関しては明らかになっているので、そこはいろいろすでにつつかれているが、その前のほうがもっと重要。

12.宮崎県のこの体験を隠蔽することなく、事実を伝え国民の共通課題としてとらえなければならない。行政、マスメディアなどはまじめに考えていただきたい。風評被害が云々という輩は、国民を馬鹿にしすぎている。我々国民も、しっかり考え、知人から送ってくれた宮崎産マンゴーを送り返すような馬鹿なことを行ってはならない。

13.リスクの認識が不十分すぎる。昔と異なり様々なルートで他国のウイルス含め流通している。ある面、侵入は前提で考えないと、根本的にダメ。

14.敵への認識もほとんどないのではないか?人間に害(直接的、間接的)はあるのか?感染はどのようになされるのか?治るのか?消毒などの拡散防止策は?普段の予防策は?発見方法は?その時に何をすべきか?

15.日本の法律リスクが高すぎないか?対策には、経済的対策と、危機対策がある。二つを分けて行わなければならない。そういう意味では、初動は危機対策、拡散が防止できない場合は経済対策。申し訳ないけど、口蹄疫は人間には害がないことが分かっている。そう考えると、経済的な観点での対策を打たなければならない。こういう当たり前のことが出来ない。

16.口蹄疫以外の家畜への脅威は?鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ。今回のように、牛だけだと拡散はそこまでいかないが豚に行くと一気に、というようなことを考慮した、畜産の有りようとか、農家の配置など、GISなどの活用、関連機材+GPSでの位置トレースなど、ITを駆使した見える化など、さっさとやるべき。

17.テロへの考慮を怠ってはならない。今回の件から、今後テロとして悪用される危険性も高い。テロとは、そこの市民が想定していない脅威を持ち込むのが常套手段。どこの養豚場が狙われるとまずいのかなど、シミュレーションは出来るはず。

18.インサイダーへの考慮も同時に怠ってはならない。こういう、関係者しか知り得ない脅威や影響を悪用した、株取引なども、大丈夫かチェックを行ったほうが良い。すでに、行われている可能性もある。

取り急ぎ。

宮崎県庁は、1932年築で、周りもよく整備されている、素晴らしいと思った。

IMAG0151.jpg

IMAG0152.jpg

IMAG0156.jpg

↓この日の食事は、ここ。入口から「いかにも」という感じ。中も、昭和の懐かしいものが数々。ここのマスターはフレンチのシェフで銀座などでも働いていたそうだ。それが、地元の新鮮な魚介や、地鶏の料理。大変美味しかった。

IMAG0158.jpg

IMAG0159.jpg

土曜日の、地元の新聞。一面はやはりこの話題。切実な問題だ。

IMAG0160.jpg

その後、ちょっと観光に。宮崎には3回目。最初は学生の時に友達とバイクで。宮崎大学の寮に泊めてもらい、近くの地鶏を食べた記憶が。帰りは西都の古墳群をみて219で人吉を抜けて熊本まで帰る予定が、椎葉の県境を越えたあたりで真っ暗に。水上のキャンプ場となりの公民館みたいなところに泊めてもらった記憶が、、

2回目はちょっと前にセミナーで。これは、トンボ帰りだった。

IMAG0165.jpg

IMAG0170.jpg

IMAG0171.jpg

デイゴらしい。デイゴと云えば沖縄の花、と思って調べてみると。

デイゴは二つあるらしい。

一つは沖縄の花、インド原産のデイゴ(梯梧、Erythrina variegata)。もう一つは鹿児島県の県木であり、アルゼンチン、ウルグアイの国花であるアメリカデイゴ(亜米利加梯梧、学名:Erythrina crista-galli)のようだ。で、これは、そんなに高くない木なのでアメリカデイゴかと。

IMAG0174.jpg

IMAG0175.jpg

コメント

No title

口蹄疫問題が発生してから、東国原知事のブログを読んでいますが、よく頑張っていると思います。
知事としてのパーフォーマンスもあると思います。しかしながら、沈没しかけている平和日本の危機管理のなさ
に問題があり、ひいてはそれは国民我々の責任なのだと思います。この政府を選んだのは我々で、口ばかり出して
何の行動も起こさないのも我々です。
世界のどこに行っても生き残れる人間になろっ!

No title

通りすがりさん

コメントありがとうございます。

問題は、ここまでなる前にやることはなかったのか?再度同じような事象が発生した場合に、被害を少なくとも今回の10%以下くらいには抑えることができるのか?

また、そういうことを行うためには、論理的な裏付けと関連する技術的な事項や上辺だけの制度だけではなく、根本的に危機管理の有りようを再構築する必要があると思います。

少なくとも、企業経営においても根幹は危機管理であるからです。企業においてすらそうなわけですから、国家経営のベースに危機管理がないというのは、あほというしかないように思います。

国のことはどうしようもないですが、私たちの普段の生活に関しては、おっしゃる通り生き残れる人間になりたいです。、

No title

同じ九州にいながら、(あえて出してなかったためか?)宮崎の情報ってあまり入って来ませんでした。TV報道も風評を煽るのでは?というものもありましたし。そういう意味でも今回の騒動は色々考えさせられました。

今年の高校野球の宮崎県予選大会も、無観客試合だったとか。生徒さんや親御さんの気持ちを考えると、切ないですね。私にも何か応援できることってないかなと思う今日この頃です。

No title

prettyelmo さん

コメントありがとうございます。

そうなんです。正直言って風評被害を恐れるのは国民を馬鹿にしている証拠だと思います。それで、おかしな風評を立てる輩をびしばしやるほうが合理的かつ環境適応的だと思います。

冷静に情報を伝え、自分の頭で適切に考えて頂くようにするのが政府かと。あと、マスコミも。

この辺をブレークしないと、日本は滅びるのではないかとも。老婆心だなぁ(笑)

非公開コメント

プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り