スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全早大 vs 全慶應 奥野決勝トライ!




















































昨日、全早大対全慶應が横浜三ツ沢であった。
早稲田のHPで、奥野がリザーブだが出場と書いてあったので、行って来た。

五郎丸(15)、首藤(11)、菅野(14)のバックスリーも楽しみだ。社会人若手を中心に現役で補っている全早稲田に対し、現役若手を中心に社会人若手で補っているような全慶應。

前半は、早稲田の一方的なゲーム。五郎丸のキック&突進(社会人になり益々凄みが出たように思う)。首藤&菅野の良い走りなどで、26対0。

ワンサイドゲームと思われたが、なんと後半開始からわずか12分で、4トライで同点となった。(ほとんどノーホイッスル)

その後、早稲田がトライを上げたが慶應が追いつく。

同点で迎えた、後半32分、ペナルティから速攻で回した早稲田、奥野がよくフォローし、なんと決勝トライ!Good!

結果、40対33で全早稲田が勝利した。

見に行ってよかった。

さらに、慶應、、、すごい選手が3名。

1番川村、何度か良い走り、ステップで良いパスをしてトライに貢献していた。慶應のHPで確認すると、プロップ以外に、プランカーとNo.8もこなすようだ。なるほど。

あと、桐蔭時代花園で活躍し、今年慶應に入った仲宗根。高校時代はフルバックかと思ったが、この日は12番センターで出場。人に強く、中々。

びっくりしたのが、15番フルバックで入っていた2年生の保坂(同じく桐蔭出身)。すごい加速とステップ、記憶にあるのは2回だが、2回ともトライにつながったような気がする。2回とも五郎丸もぶち抜かれてた。凄い。

最後に、慶應の14番に小倉高校から来た1年生小川。あまり気がつかなかったが、山田が卒業した後を引き継いでほしい。楽しみだ。

今年も、慶應はバックスが凄そうだ。













































































































































































































































































































































































スポンサーサイト

対高麗大


























6月22日上井草にて、中竹早稲田となり3回目を迎える、韓国高麗大との招待試合があった。

# 中竹早稲田としての戦績は以下の通りで早稲田が連勝している。
# 2007/05/13 招待試合 26-17
# 2006/05/21 招待試合 36-19

# 写真はいつものように69期松尾さんから頂戴しました。謝々!
# 私は、土曜に北のほうへお仕事で、この日はそのフォローで、、

松尾さん曰く、土砂降りであった事もあり、緊迫感にかけていたようですが、試合は45対14で早稲田の勝利。

何と言ってもキャプテン豊田の復活が頼もしい!

7月6日 国立でのフランス学生選抜との対戦が楽しみ!歯が立たないのだろうか。



































































































































































































































































































































































































































































ネットでの犯行予告、見つけたら110番

ネット上の犯行予告、見つけたら110番 警察庁が要請

ダガーナイフの法規制要望=刃物問題で業界が緊急会議-生産地の関市・岐阜

歩行者天国、一時中止へ=秋葉原殺傷事件で-東京・千代田区

予告を事前に察知できたとして、あの事件は止められたのだろうか?
→ 彼を秋葉原に行かせないことが重要なのだろう。
→ そうすると、結局秋葉原の警備や防御策は空振りに終わるので効果がないと判断されそう。
→ もし、彼が秋葉原でやったことを阻止しようとしたら現場で可能なのだろうか?

ナイフの生産中止は分かる、でも代替はいくらでもあるようにも思うが?

歩行者天国のような幸せに満ちた空間が悪なのだろうか?今日会ったお客さんが言っていたが、「秋葉原のホコ天」はあの人にとっては、我々の「銀座のホコ天」と同じステータスだったのだろう。そう考えると、千代田区だけではダメで、中央区もだな。さらに、コンサートや原宿や渋谷など所謂幸せそうな人が集まることを許可することがNGなのだろうか?

まあ、関係者側のアリバイ的対策のように思う。いろいろな利害関係から、まじめに事件再発を無くす努力を出来ないのだろうか?

昔から、絶対やってやるという強固な意志を持った人間の凶行からは、残念ながら逃れられないように思う。

また、あの犯行をやった彼は現在ではまだ特殊なのかもしれないが、今後、増加してしまうのではないかと心配だ。

正直言って、、、、
ゲーム(特にバトル的なもの)は、30歳以上でないと禁止する。精神的に成熟できていないひとには、危険。また、30歳以上でもゲームではリセットを禁止する。負けは負け。絶対最後までやらせて屈辱を経験させるなど「便利にさせない」ことを、親に義務を負わせ、単に仕組みをつくり禁止するような馬鹿なことはやらせない。しつけを便利にさせない。

などを考慮したらどうだろうか、、、思いつきだが。(人のこととやかく言える自分ではないが、、、)

腕試し・・・帝京戦



























先週の日曜日、恐らく今期の対抗戦での最大の脅威になるであろう、帝京と春の練習試合が、上井草の早稲田グラウンドであったので、北九州から朝戻ってきてその足で、出かけた。

結果は33対7で早稲田が勝利した。

# 写真は69期松尾さんから頂戴しました。ありがとうございます。

帝京は2人の外人を含む強力フォワードで、個々の力はすごい。

それに対して、早稲田は個々が考え意思を持ち、勝負しているように思った。

フォワードの要、キャプテンの豊田が負傷で戦列を離れ、U20日本代表に若手の主力を6人出している中で、瀧澤副キャプテンを中心とした4年生の頑張りは、さすが早稲田と、感心した。

今後、Aチームは、2週間後の22日に韓国の高麗大学、さらに2週間後の7月6日国立競技場で日仏150周年記念での(何の記念かは知らないけど、、、)フランス学生代表とやって、春のシーズンを終え、その後、菅平での夏合宿に入り、9月、山から下りて早々、秋の対抗戦に突入していく。

限られた時間の中で、毎週毎週、課題を克服し、成長し、正月を迎えていく。

頑張れ!











































































































































































































壊れる!?

先日、北九州に帰省した折、同窓会まで時間があったので、黒崎の井筒屋の本屋で柳田 邦男「壊れる日本人」ケータイ・ネット依存症への告別 という本を買って読んでいた。2時間くらいで半分くらいしか読んでないけど、IT社会の負の遺産・・・・・ひとつは「セキュリティ」(この本では触れてないけど)、もうひとつは「利便性により失われるもの」ということだ。

つい最近も、秋葉原にて悲惨な事件が発生した。所謂、切れる。仮想現実とリアル社会の区別がついていないとしか言いようの無い事件。

あそこまで切れるかは別としても、雇用の不安に怯え、ある日ロッカーを開けるとつなぎが無く「俺は必要ないんだ」と思うようなことなどは、正直、他人事でなく、多くの人も大なり小なりその兆候はあるようにも思う。

この本を読んで思ったこと。

1.20世紀の科学技術 → 肉体的・食料的利便性 → 基礎体力・基礎栄養素不足など

アスレチックジム・スポーツ・サプリメント

2.21世紀の科学技術 → 精神的・頭脳的利便性 → 独善的・自己統制欠落など

現状未解決

と言うことかも知れない。

従来はスポーツジムやサプリメントで補ってきたのと同様、IT化の進行に伴い、これからは、自己統制を行うためのジムや、そういうことを補うサプリメントがコンビニなどで売られ、メールを何通出したら・ゲームを何時間したらサプリメントを補給したり、するようになるのかも。

また、「独善的絶対的神様」になってしまわないように、電波遮断部屋で、反応しない携帯を持っていても、不安にならず平静を保てるような訓練や、返事が来ないメールに対してイライラしない訓練などを意識してしていくようなことが必要なのかもしれない。

息苦しかったので、、






























かなり、息苦しかったので、給排気周り、エアフィルタとマフラー、並びに燃料漏れしていた燃料コックをオークションでゲットし、交換しました。少しは、良くなったかな?

でも、キャブかな、、吹き上がらないのは?

選択






























某有名企業の社長就任披露パーティにて、、、

リコールってないのかなぁ

今日タクシーに乗った。昨日から後部座席でのシートベルト着用が義務付けられたらしい。

余計なおせわだなぁ。

国民を愚弄しているとしか思えない、、、と思うのは、、のは、、、私だけだろうか。

リコールできないのかな、こんな法律。

どう考えても、事故責任、、じゃなくて、自己責任だと思うのだが。

車に乗るリスクは分かっているはず。リスクを認知して選択しているかどうか分かっているかどうかがポイントだと思う。過保護な法律は返って、モンスターを増やし自立した社会から遠ざかってゆくと感じるのだが、、、

でも、仕方ないのだろうな、、、昔から過保護国だから、、、でも肝心なことは、守ってくれそうにないのだけど。

自己責任の国が良いなぁ。いや、、適度が良いのだろうな、、

※ 支離滅裂 orz
プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。