スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行けなかった 早稲田vs日体大

 



























先日、10月14日に行われた早稲田vs日体大。

今年は皆勤賞を狙い行くものとスケジュールしていたら、実は熊本行きとバッティングしていた。

# もともと、バッティングしていたことに直前まで気づかなかった、、、
# 大馬鹿、、orz

実は、
夏の菅平 東京⇔大宮 往復
青学戦 東京⇔熊谷 往復
慶應青学戦 東京⇔高崎 往復
湯沢シンポ 東京⇔湯沢往復
と、上越線 尺取虫 小旅行実施中だったので、この日の 東京⇔新潟 往復で完結のはずでもあった。

まあ、どうでも良いことであるが。

いずれにせよ、私がいけなかった新潟 日体大戦。

熱烈ファン69期松尾先輩が写真を送っていただきました。謝々。

-----------------------
新潟の試合に行って来ました。
写真、送付します。
中竹監督より「皆さん、いつも応援ありがとうございます」との
伝言がありました。

新潟の気温は、朝、11度C、日中も冷たい風が吹いて秋本番。

試合は、開始早々(20秒?)に権丈が鮮やかに切り込み先制トライ。
縦横無尽の多彩な攻撃、鉄壁の守りで前半7トライ(6コンバージョン)。
後半は、選手をほとんど入れ替えてBチームの布陣。
それでも攻撃の手を緩めない。
鋭い出足で日体の出鼻をくじく。
結局、後半4トライ(2コンバージョン)。
合計71対0で完封劇。
慶應に善戦した日体も早稲田の前には成す術なく撃沈。

後半は、SHに桜井登場、小柄な体で俊敏に動く。
また1年生の中田英理(193cm)も出場、ラインアウトを支配。

主力選手はより強く、あとに続く選手もグングン伸びている。
1、2年生を育てながら完璧な勝ち方。
中長期的視野に立ち、したたかに、着実に。
中竹竜二、流石な手腕。
「荒ぶる」を確信しながら、越後平野を後にした。松尾
-----------------------

 



























 



























 



























 



























 



























 



























 



























スポンサーサイト

ボッテガロマーナ

 



























以前うちの会社に勤めていた方が、ローマで4年半修行したご主人とはじめた店。
ボッテガロマーナです。

熊本城が見えるところにある隠れ家イタリアン。
付いているパンも最高!料理も本格的+地元の良い素材を巧みに利用しています。機会があれば是非!
↓は私が注文した料理。

 



























一緒に同行した「ゆう」さんの注文した冷製パスタ。Good!

 



























近くを流れる坪井川で見かけた「フィッシングさぎ」

 



























すぐ近くの熊本城!熊本城は石垣の造形が最高!

熊本雑景






























綺麗な花、、、なんだろう。ここだけに群生していて沢山の蝶が羽を休めていた。

 



























 



























小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン Patrick Lafcadio Hearn)の碑

↓ これは何だろう? 聞いたけど、良く分からなかった。いずれにせよ、JR東日本のSUICAでは無いようだ。

怒涛の西部方面隊観閲パレード
































先日、熊本健軍駐屯地にて陸上自衛隊西部方面隊の観閲パレードがあったので見回りに行ってきた。上の写真は、西部方面通信群長花田一等陸佐。

 




























パレードは、一般道で行われ全国でもここだけだそうだ。間近を戦車が走り抜けていく。凄かった。






























 





















この大砲で阿蘇の火口まで着弾出来るそうだ。30k以上。撃っているところ見てみたい。





























これは地雷処理だそうだ。凄い。

感動! 2

 


























東筑69期の松尾さんが送ってくれました。

感動の慶應 vs 日体大 戦。

迫力ある写真です。目線がグラウンドレベルですね。
ありがとうございました。

 



























 



























 



























 



























 



























 



























 



























 



























 



























感動!

 



























昨日は、慶應 vs 日体大戦。

何の? もちろん、ラグビーである。

先週、前橋で青学相手に86 vs 0の完封で、初戦筑波とのまさかの敗退から気持ちを切り替え、昨日は絶対負けられない、日体大戦。

出だし早々から慶應は攻め続けるが、肝心なときにミスを連発して点を取れない。今年の慶應は、最後のひと踏ん張りが無い。そうこうしているうちに2トライを許したが、フルバックの絶妙のパスを受けた11番が快走し1トライを返し、前半 5 vs 12で折り返す。後半早々、慶應は逆転したが、また取られ、19 vs 19の同点でロスタイム。

ロスタイム44分に日体大反則。39mのペナルティを慶應のフルバックが難なく決めて、感動の逆転勝ち。

# 試合の内容はここで詳しく書いてあります。

万歳の連呼。 次は28日仙台での帝京戦! 強敵だ。 正直早稲田には難しいと思うが、帝京と明治に勝てると思う。タックルあるのみ!がんばれ!慶應!

今シーズン、元気の無い慶應だが、このフルバックは初戦から元気だ!みんなの信頼を感じる。

ちなみに写真は、感動の試合を作った慶應フルバックのお母様から、試合開始前頂戴した、カボスと栗。

今日は久しぶりにご飯を炊こう!そう、栗ご飯!あと、カボスにあう、煮物を作ろう!

今日も上手い酒を飲んでやるぞ!
プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。