スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どうなんでしょう】食中毒のリスク

交通事故による死傷者数をみると、平成21年で、年間での死者数は5,772人、負傷者数は910,115人とある。

一日当たりそれぞれ、約16人/日と約2,500人/日だ。

これで、外を出歩いたり自動車や自転車を全面禁止にしないというのも不思議ではある。

一方、食中毒を調べてみると、平成22年で、1,254件の事件が発生し、25,972人の患者が出て死者は0人とある。

「経年のものだけグラフにしてみました。」
shokuchu.jpg

一日当たり、約71人で、交通事故の2,500人と比較すると約3%と圧倒的に少ない。

ただし、事件1件当たりの患者数が約21名と多いのが特徴的だ。

死者が出たのは近年で見ると平成20年で4人とある。

今年を除く過去三年間での死者数は4人である。(少ないから良いというわけではない。統計からそう見えると言うだけの話。)

また、食中毒の内訳をみると、肉類は80件873人とある。圧倒的に魚類が多い。

さらに原因をみると、話題になっているカンピロバクター・ジェジュニ/コリが361件2,092人となっており、腸管出血性大腸菌(VT産生)が27件358人、その他の病原大腸菌が8件1,048とある。

発生場所は、飲食店が圧倒的に多く全体の約半分を占め、662件で、11,280人の患者が出ている。

家庭での事故が155件438人と少ないのは、氷山の一角かもしれない。

以上から考えると、生は食べないならそれに越したことはないが、日本の食文化として考えると、全面禁止にするレベルではないと言える。

提供側は事業継続における重大なリスクになることをわきまえて提供し、食す側は自己責任ということになる。

つまりは、大人のたしなみということだ。

生肉を、自己責任に出来ない未成年者に提供したり、親が子供に食させることは「いかん」ということだ。

提供者側への指導や法的な縛りも重要だが、利用者側の責任も一体となって推進しないといけない。

モンスター消費者は害にしかならない。

いっそのこと、自動車の運転、酒やたばこと同じように「なま」を取り扱うのはどうだろうか。

完全に自己責任である。

それにしても、朝っぱらからこんなことを書いているというのは、暇なんだろう。
スポンサーサイト

【適切だったのか?】カンニング事件での被害届

早大と立教大、警視庁に被害届…入試投稿

最初に京大が被害届を出したのは、ある面仕方ないことだったと思う。

aicezukiのユーザ名でYahoo 知恵袋に入試問題の投稿と回答がなされていると分かった時点で、組織的なプロの犯行なのか、或いは受験生の単独行為なのかの判別がつかなかっただろう。

初期段階で京大側で知りたかったのは、それぞれの投稿の詳しい情報だったと思う。本当に携帯からなのか?、同一の機器なのか?複数の機器なのか?それだけでも知ることが出来れば、事件の震度を判定できたはずだ。

つまりは、今回のように同一の機器からのアクセスと早期に分かっていれば被害届を出していなかったのではないか?(想像であるが)

恐らく、大学がYahooに情報提供を求めたとしても、法律の壁もあり公開しなかっただろう。

情報を出してもらうには捜査機関の力を借りなければならない。その為には被害届を出さないと法的にも動けない。結果、一人の普通の受験生のカンニング自体が、新聞やテレビで大きく報道されることは無かったのではないか。

つまり、通信記録、個人情報やプライバシーを過剰に保護することで、適切な行動も取れず、結果、全体としてこのような愚行に走らせてしまったのではなかろうか。

関係する方々は、通信記録の適切な開示ルールなどに、もう少し機敏に動けるような法律やガイドラインの整備への考慮も行っていいのではないだろうか。


一方、今からできることもある。

冷静に考えると、単に一人の受験生がカンニングを行ったということがわかったということだ。

今からでも各大学は被害届を取り下げ、通常のカンニング行為として処理頂くことが教育機関としても重要なことだと思う。また、後追いで被害届を出している意味も良く分からない。自分たちの管理責任を棚上げにしての偽計業務妨害の乱発は慎むべきだ。

個人的には、最初にここまで考え実行したこの子には、一芸入試で合格させてやりたいくらいの気持ちがある。もちろん、模倣者には厳しく当たるのは当然だが。

少子化、就職難などにより、有名大学の入試突破はビジネスとなっている点を改めて理解して、絶妙で賢明な対策をうっていただきたいと切に希望する。

【お人よしなんだから】中国関係のこういうニュース

高速鉄道の「技術流出」でも、続く対中弱腰「宙に浮く対策」

こういう記事。

1.駄目なものは駄目。泥棒もお金を使うので景気が良くなる。だから取り締まるのは止めようという議論はない。
2.もうすでに事件は起こっている。ありとあらゆる日本の技術面でむしり取られている。と考えた方が良い。氷山の一角。
3.日本人は、そんなバカな!「契約でそうなっている」と思うが、そこがアホ。
4.日本の技術は、人の頭や腕には存在しない。技術継承の問題で、デジタルデータとして存在している。
5.にも関わらず日本の多くの経営者はITセキュリティを意識しない。

山本五十六さんの有名な言葉。

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」
「話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず」
「やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず」

多分、日本人同士でもこれだけ必要なのだろうが、さらに、

「駄目なこと 示し学ばせ 監査して 罰してみせねば 人は裏切る」

あたりを、追加しないと駄目なのだろうと思う。

つまりは、向こうの社長に言ったら、「大丈夫!守ります」と言ってたから大丈夫だと思う、などは論外。言ったのに、守るべきことを明確にしてないので「逆にいえばやらなくて良い」と許可を与えたようなものだ。

さらに「契約書に書いているから大丈夫」も通用しない。それを守っているか、常にチェックする。逆にいえばチェックできない契約事項は「絵に描いた餅」くらいに割り切りが必要だと思う。

それを含めて原価がかかるということだ。

【本気?】中国の技術スパイ

仏ルノーで産業スパイ、日産と共同開発のEV機密漏えい
ルノーEV情報漏えい、中国が関与か
ルノー機密漏えい、下請けが仲介 海外で報酬

本当に中国なのかは分からないけど、お国柄、あっても不思議ではない。これも妥当で常識的な競争力強化策なんだろう。費用対効果は高いのだから。

また、別に中国だけではないことなんだろう。

一方、こういうことに国として徹底的に対抗するのは当たり前だ。でも、日本の場合はほとんど何も対抗できない(少なくともそう見える)のは残念だ。不正競争防止法もスパイを意識して改正されたが、厳重な管理が求められる。「盗まれる奴が悪い」のを後押ししているようだ。

相手が卑怯だとかいう前に、脇を固めなければならない。そうしなければ、ありとあらゆるノウハウや財産がむしり取られ、競争力を無くし地に落ちていく。

私の身近なところでも、最近そういう事件を本当によく目にする。

今日、テレビで石原都知事との対談で中曽根元総理は「日本は、自国の利益優先だけではなく世界貢献の目線で外交をやってほしい」というような発言があった。

そういうスタンスは重要だけど、ノーブレスオブリージのように、その前にしっかりと人並み以上に生活していることが前提だと思う。

脇を固め、富と地位を身につけ、その上でわが国らしいやり方で世界貢献を行い、尊敬を受ける国になってほしい。

赤字の会社に社会貢献も何もあり得ない。

【とあるフィクション】

ある有名な車に欠陥が発見された。最近大人気の車だ。ところが、マニアの間では、その欠陥は馬力を増大したり、自由に改造できる秘密の呪文であると、昔から知られていた。そういう欠陥があるのも隠れた人気の一つでもあったようだ。

ところが、メーカは呪文を使っての改造は一切認めず、改造車は一切補償の対象外としてきた。しかし、冷静に考えると、その呪文は、誰でも自由に人の車を運転できてしまうという単なる欠陥だったことに皆が気がついたのだ。つまり、だれでも呪文を唱えることで、持ち主の意思とは関係なく、勝手に改造され運転されてしまうことが分かったのだ。

# ちなみに、他のメーカでも同様の事象は発生してきたが、そこでは呪文などと言われることはなく、単なる欠陥として扱われてきた。

それに対してメーカは呪文を封じる魔除けシールを開発したので、問題は解決したと宣言した。でも、解決するには、利用者が自分の整備ガレージに持ち込みメーカから配布される魔除けシールを張らなければならない。しかも、シールを手に入れ、張るにも時間がかかりコツもいるので何回もやり直している人もいる。また、これまで、一回もシールを貼ったことのない人も多い。

一方、勝手に改造させられ運転された人が出た場合、これまで通り補償外とされるのかどうかも分からないままだ。困ったことに、初期のモデルは魔除けシールを張るとスピードもハンドルも愚鈍になるので、シールを張っていいのか戸惑っている人も大勢いる。

頑固なメーカなので、多くの利用者は機嫌を損ねないように、最新モデルに買い替えようか考えている人も多いと聞く。どうでも良いことだけど、改造できなくなるということで、はりたがらないマニアもいる一方で、次の呪文はまた見つかると達観し、躊躇なく張っている人も多いらしい。

「好きな車で好きで買ったのでしょう!」と言われればそれまでのことだが、今のところ、呪文をつぶやきながら夜な夜な徘徊したりする輩は見つかっていないらしいが、ラピュタの「滅びの呪文」並みにそれは簡単らしく、関係者の心配な日々はしばらく続きそうだ。

※ この物語は、完全なフィクションです。

【考察】自衛隊三佐のデータ持ち出しとウイルス感染

海自ネット感染 三佐が「秘密データ」持ち出し

今年四月下旬、海上自衛隊厚木基地(神奈川県綾瀬市)の三等海佐が防衛省訓令に違反し、業務パソコンに私物の可搬記憶媒体(USBメモリー)を差し込んだため、海自のコンピューターネットワークがウイルスに感染したことが分かった。館山基地(千葉県館山市)でも業務パソコンの不正使用が発覚。いずれも秘密文書の外部流出は確認されていないが、海自は全隊員約四万三千人の私有パソコンに不正使用がないか調査している。

 海自では二〇〇七年にイージス護衛艦の情報を流出させたとして三等海佐が逮捕されるなど、情報流出が相次いだ。防衛省で私有パソコンの業務での使用禁止など抜本的対策を打ち出したが、教訓は生きていなかったことになる。

 この三佐は航空機整備の三十代の幹部で、業務パソコンからUSBメモリーにコピーした業務データを自宅のパソコンに保管していた。四月下旬、海自のコンピューターネットワークのウイルス感染が発覚。感染源は三佐の業務パソコンと判明した。

 海自で三佐の私有パソコンを調べたところ、「秘密」指定の内容が含まれるファイルがみつかった。別の幹部が作成したファイルと判明したため、海自で関係する複数幹部から事情を聴き、情報が持ち出されたルートの解明を進めている。

 三佐の私有パソコンにウィニーのようなデータ交換ソフトはみつからず、「秘密」文書の外部への流出は確認されていない。三佐は「自宅で仕事をするため」とデータ持ち出しの理由を説明しているという。

 海自は全容が判明次第、関係者を懲戒処分とする方針だ。感染したネットワークからはウイルスを除去した。

<防衛省の情報保証に関する訓令> 相次ぐ情報流出を受けて2004年に定めた内容を、08年に全面改定した。私有パソコンや可搬記憶媒体を業務に使用することや、それらを職場へ持ち込むことを禁止している。

(東京新聞)


こういう事件だが、いくつかの考慮すべきこととがあるように思う。

1.自宅での業務を禁止する。

白状します。ごめんなさい。

どらは、自宅で寝ているときに仕事上のアイディアや問題解決策を思いつく。朝起きると忘れているので、スマートフォンにつぶやき録音するか、メモして寝る。寝ていなくてもテレビを見ているときなど、仕事上のことが気になり、アイディアを練ったりし、メモや録音してしまう。

どらには自宅での業務を禁止されたら生きていけそうにない。みんなどうしているのだろうか。

驚異の記憶力をもった人か、自宅に帰ると仕事のことを一切忘れることができる人しか、仕事が出来なくなるのだろうか?

ただ、今は会社の仮想デスクトップに自宅からアクセス可能なので、忘れないうちに入力でき助かってはいるが。

そういう環境がない人は、どうしているのだろうか?

2.データを持ち込む。
機密性の観点では、問題ない。

高次元レベルデータの閲覧は不可だが、書き込み(報告)はOKだからだ。

今回だめだったのは、データだけではなく、プログラム(ウイルス)も持ち込んだからだ。(笑)

3.データを持ち出す。
これはいかん。ただ、様々な持ち出しルートがあるのであれば、ある境界を越えたときのデータコントロールが可能なような機構は考えてよい。本当にマジで守らなければならないのであれば。

4.コンピューターネットワークがウイルスに感染する。
門外漢として言わせていただくと、金融機関とかじゃなくて自衛隊なのだから、ウイルスがいようと敵がいようと、驚異をかわし、必要ならば排除し、命令を完遂することが基本だと思う。ウイルスが入って蔓延し、内部ネットが麻痺した(かどうかは分からないけど)くらいで大騒ぎはしていないとは思うが、目的を見失ってはいけない。ウイルスが入らないことが前提や当たり前というのはあり得ない。日常の業務だと思う。

5.守れなければならないものは?
今回の機密データがどんなものかは知らないが、何を守らなければならなかったのか?
1)機密データ。
2)自衛隊ネットワーク。
3)自衛隊のメンツや対外的な顔。
4)「自宅で仕事をしてはならぬ」という、自衛隊規則や上官命令。

たぶん、4)が出来ていないというのが最悪なのだろう。どんな命令でも服従するのが、自衛隊である、と思うからだ。

そう考えると「私有パソコンの業務での使用禁止など抜本的対策を打ち出したが、教訓は生きていなかったことになる。」という部分の「教訓」とは何か?ということが、重要なことだと思う。

「抜本的な対策」は「私有パソコンの業務での使用禁止」ではなく、自衛隊として極めて当たり前のことだが「規則を徹底する組織と、上官の命令に従う」ことなのだろう。

【お荷物なのか】移動手段に例えると

R0017010.jpg

左から、移動手段で言うとトラック、乗用車、スクーター、チャリ、徒歩。

うちの会社の某T氏が言っていた。

我々はパソコンって乗用車(自分で好きな時に好きなところに行ける便利なもの)だと思っていたけど、実はトラックだったんだ!ということが最近分かった。

乗用車はタブレット型ネット端末(iPad)だったんだ!写真のアンドロイドDesireやiPhoneはおしゃれなスクーター、がらけーはチャリ、ペンと紙は徒歩。

で、この乗用車の条件は3つ。

1.すぐにどこでも使えること
→ 電池稼動で原則で最低一日は使える。行って楽しいところがたくさんある。あと、マニュアル無しで即使えないとだめ。
2.余計な線が無いこと
→ 電源やネットワークやマウスとかなど、線をつながないと動かないのはだめ。
3.余計な付属物が要らないこと
→ ネットワークカードやマウスなど。単品で使用できないのはだめ。

この写真の、さらに左には、バスや地下鉄、新幹線などがあるのだろうな。それらは、クラウドサーバや通常のサーバやメインフレームなどなんだろう。

今、トラックを所有し、それで旅行に行ったり通勤使用したりする人いないなぁ。荷物を運ぶときに借りたり頼んだりするもの。

いずれにせよ、当面はどらの荷物が増えてかなわん。とほほ。

【チェ!】疲労骨折

RIMG9294.jpg

足のところがぐにゅぐにゅ出来る簡易三脚。

ぐにゅぐにゅしてたら、疲労骨折。

これまで、多分20回くらいじゃない使ったの。そういうものなのか?

使い捨て、ぐにゅぐにゅ三脚。

【うーん】折角買ったのに。おもちゃのラジコンヘリ

今日、ジャスコで買ってきたラジコンヘリ。やっぱり2980円で売っているということは、動かないということなんだ。齢50を超えてようやく学習したということか。

典型的な安物買いの銭失い。株)タイヨーのラジコンヘリコプター。動かないセーフティーロック機能とかつけるなよ。どっかのアホが「危ない」とか言ってつけさせたのかな?

金はどうでもいいけど、楽しみにしてた子供はかわいそう。



【肉を切らせて骨を断つ】考えの違う人を認められない方々への対抗

人付き合いの原点は、、、、

考えや文化の違う人たちを、許容できるかどうかが重要なことだと思う。いやだったら付き合わなければいい。
# でも、この考えもダメなんだろうなぁ。「グローバル」的には。ふー。

文化と言えば色々あるけど、衣食住が原点なんだろうな。

その中でも特に、差が激しいと思われる食文化。

鯰を食べるのは許せないことなのか? 食べると淡白で美味。欧米では結構食べているよう。きもい!と思う人も多いかも。

蟹はどうだろうか。これは、食べない人から見れば、蜘蛛を食べているようなものかもしれない。毛蟹なんかほとんど大きな蜘蛛。

じゃあ、その蜘蛛はどうだろうか?チョコレートの味がして美味しいとの話を聞いたことはある。でも、食べる勇気は無い。

バッタはや蜂はどうだ? こいつらとほとんど海老と同じようにも思えるが。海老はよくて蜂はダメか?地域によっては貴重な蛋白源だったようだ。

蛇はどうだ? 若しくはウツボは? 穴子や鰻と何が違うのか?

雲丹はどうだ?海鼠やホヤは?

じゃあ、蛸は? 烏賊は? 悪魔の化身。きもいと言われそう。

それでは、カバ、ゾウ、ワニはどうだ? ワニって爬虫類。亀や蛇を食べているようなもの?

ところで、話題の鯨、イルカ、犬、猫、猿は? 全て哺乳類。哺乳類と言えば、牛、馬、羊、ヤギ、ウサギ、ねずみ、ラッコ、アザラシ、アシカ、鹿は?

玉子は? 鶏の卵、鶉の卵、ダチョウの卵。

明太子は?数の子は?

イクラは?キャビアは?

そういうことから、菜食主義に走るのかな? どらと同じようにガラス細工の心を持った人たちか?(笑)

人間として生まれた業を受け入れられないのだろうな。でも冷静に考えると、植物も生命。言い訳で生きているということか?罪深さを受け入れられないということか。本人の勝手だけど、人に押し付けるのはいかんよね。

どらは、猿、犬、猫、ゴキブリ、カブトムシ、カンガルー、ダチョウ、ワニ、トナカイ、ヘラジカ、ムース、アザラシ、ウサギ、きつね等を食べる人を軽蔑しない。恐らく、多くの日本人はそうだろう。

他人の文化を許容できない野蛮人のことはさておき、その上で、、、もう、鯨、イルカ、マグロなどを食べるのはやめた。無くても困らない。鯨は特に文化や伝統の継承はあるが、仕方ない。

少なくとも、南氷洋にまで捕りに行くことは無い。許可されて無いかもしれないけど、近海でやればいい。日本の近海を鯨にとって魅力ある海域に復活させ、堂々と自分の庭で捕獲すればよし。マグロは鯨とは別な理由のようだけど、でも同様。世界捕獲量の何割も食べることは無い。

今後も、鰻、鰯、蟹、ホッケ、鱈など、日本たたきをやるには事欠かない。

肉を切らして骨を絶つ。今のうちにガツンとやっておかなければ本当に怖いことが起きる。

今こそ日本は、身の丈にあった食事に戻そう。その上で自立を果たし、世界の食糧難の救世主になろう。

# でも、どらは納豆を食す人だけは許容できない。(笑)
# 嘘。自分が食べないだけ。

【やっぱり】選挙対策

捕鯨めぐり日本提訴も 豪首相、国内の支持回復狙い

こういうことに対抗して、 鉱物資源(石炭、鉄鉱石、アルミニウム、原油など)、オージー・ビーフ、讃岐うどんの原料であるASW小麦、オーストラリア産ワインの輸入禁止や不買運動或いは大使館への抗議やデモなどに発展しないのが、日本のいいところだなぁ。

どうでもいいけど、我が日本は、こういうことに対してきちんと地道で戦略的なPR・キャンペーンをやっているのかしら。

また、だから、選挙では良い国作れないんだよな、どの国も。煽りと正論が幅を利かすのは変わらない。

【クラウドの話】勝手な妄想

スピードさんのブログ にコメントしたので、こちらにも備忘録。

クラウドについて語るときに、まず定義から入る。やっぱり何かを決めたいのだろう。

でも、これは落とし穴、、ちゃう、、落とし罠だ(笑)

「雲」に、サービスレベルを要求するというのは、土台無理な話だと思う。ただ、「雲」側もお仕事なので、あれをやりますとか一応言ってくる。でも、「雲」を縛ると「雲」では無くなるので、関係ないことには、やったふりをするレベル。一生懸命はやらない。そりゃそうだ。

でも、やっている内容は結局証明できない。事件が起きたときに初めて分かる。

逆に、絶対起こらないレベルで事業をやっていたら高くて使えない。「雲」も致命傷を負わなければ良いのだ。その絶妙のさじ加減が経営なのかもしれない。

結局、「雲」との信頼、、、若しくは、どの「雲」にするか「選択できない」状態に向かっているということだ。

そう!淘汰の問題。ダメな「雲」が消えるのは当然だが、「雲」を使ってないものが消えるかどうかがポイントだろう。

生き残った『「雲」の利用者』が勝者であり、そこで利用している「雲」が「雲」の王であり「雲」の形ということではないだろうか。要は「雲」もその利用者も「環境適応」だということだ。

ただ雲なので、過冷却していることに気がつかずにいると、あるトリガーで一気に固形化して強烈なダウンストリームとなって、その「雲」は崩壊する。

逆に、そのあと、本物の秩序が生まれるのかもしれない。

雲だけに 失敗だー(スパイダー)とは 終われない。(爆)
プロフィール

どらいつ 家主:どらいつ

情報セキュリティ会社勤務。13年前からタバコを止めたが禁煙はしてない。ダイエットとリバウンドの繰り返し。


1958年 北九州市生まれ。大原小学校、池田小学校、香月中学、北九州予備校、東筑高校、熊本大学土木科(中退)、1984年就職、現在にいたる。

中学時は水泳部。部内で平泳ぎ 4位(4人中)。高校・大学時代9年間はラグビー。ポジションはフッカー。当時に今の体重があれば、、

ツイッター(Twitter) dry2
つぶやきログ(Twilog) dry2
日経電子版コラム
日経BP連載
グーグル+写真アルバム
フォト蔵 dry2

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSS
どらいつのお気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。